知恵がついてきた我が家の猫

知恵がついてきた我が家の猫

知恵がついてきた我が家の猫

二歳になる猫を飼っています。体はもうかなり大きくなっているのですがまだまだ子どもで、
悪さをしでかしては怒られるという毎日です。
自分は猫を飼った経験がこれまでなく、しつけが大切であると聞いていたのでかわいい猫ですが心を鬼にし、
悪さをしたときはしっかりと叱るようにしています。
妻が自宅にいるときは寝室とキッチンのドアを開け放し、
リビングをはじめ好きなところを猫が行き来できるようにしてあります。

しかし自分と妻が自宅を留守にするときや寝るときは悪さをしないよう、
猫を来客用の部屋に閉じ込めおくのが習慣でした。
しかしある朝、目が覚めて来客用の部屋をのぞいてみようと廊下に出ると来客用の部屋のドアが開いており、
そこにいるはずの猫がいません。かなりあせりました。
恐らく前の晩に自分がドアを閉め忘れたのだと思い、猫を必死になって探しました。
以前に猫が洗濯洗剤を舐めてしまい、嘔吐を繰り返したことがあったので真っ先に洗面所へ行きましたが
そこには猫の姿がありません。
少しするとリビングでニャーという鳴き声が聞こえたので行ってみると、リビングのソファーの下に隠れていました。
すぐに抱きかかえて様子を見たのですが、幸い以上はなさそうでした。
それから数日後、猫が来客用の部屋のドアに向って手をかけて何かを行っているのが見えました。

そのままじっと見ていると何と猫が自分でドアを開けたのです。
この部屋のドアはしまりが悪く、力を入れて押すと開きます。
猫はその仕組みを理解しているらしく、自分でドアを開けていたのです。
頭がいい猫だと感心しましたが、悪知恵に長けてしまってはこれからだ大変だと感じました。